ボーイズナビ会員サービス利用規約

この規約(以下「本規約」といいます。)は、ボーイズナビ運営事務局(以下、「当事務局」といいます。)が提供するボーイズナビ会員サービス(以下、「本サービス」といいます。)の利用に関する条件を定めるものであり、本サービスを利用するすべてのお客様(以下「ユーザー」といいます。)に適用されます。ユーザーは、本サービスを利用する前に、本規約をよくお読みください。

第 1 条 (本規約への同意)

1. ユーザーは、本規約の定めに従って本サービスを利用しなければならず、本規約に同意しない限り本サービスを利用できません。
2. ユーザーが、本規約への同意手続を行った時点で、ユーザーと当事務局との間で、本規約の諸規定に従った利用契約(以下「本利用契約」といいます。)が成立します。

第 2 条 (本規約の改定・変更)

1. 当事務局は、当事務局の判断において、いつでも本規約の内容を変更又は追加できるものとします。変更後の利用規約は、当事務局が別途定める場合を除いて、本サービス上又は当事務局の運営するウェブサイトに掲示します。
2. ユーザーが本規約の変更後も本サービスの利用を継続する場合、当該ユーザーは、変更後の本規約に同意したものとみなされます。なお、当事務局は、本規約の変更又は追加につき、各ユーザーに個別に通知することはいたしません。ユーザーは、ユーザーの責任において、随時、本規約の最新の内容を確認の上、本サービスをご利用ください。

第 3 条 (定義)

本規約において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによるものとします。
(1) 「コンテンツ」
ユーザーが本サービスを通じてアクセスすることができる情報(文章、画像、動画、音声、音楽その他のサウンド、イメージ、ソフトウェア、プログラム、コードその他のデータを含みますが、これらに限られません。)をいいます。
(2) 「提供コンテンツ」
本サービスにおいて当事務局がユーザーに対し提供するコンテンツその他全ての情報をいいます。

第 4 条(ユーザー情報の登録)

1. ユーザーは、本サービスを利用するにあたって自己に関する情報を登録しなければなりません(以下、登録された情報を「ユーザー情報」といいます。)。
2. ユーザー情報の登録にあたり、ユーザーは当事務局に対し、真実かつ正確な情報を提供しなければなりません。ユーザー情報に誤りがあった場合又は変更が生じた場合、ユーザーは、自己の責任において、速やかにユーザー情報を修正又は変更するものとします。
3. 当事務局は、ユーザー情報を前提として、本サービスを提供します。ユーザー情報の内容に虚偽、誤り又は記載漏れがあったことによりユーザーに損害が生じたとしても、当事務局は一切責任を負いません。

第 5 条 (ユーザーに関する情報の取扱い)

当事務局は、本サービスの利用に関しユーザーから収集する情報を、別途当事務局が定めるボーイズナビ会員プライバシーポリシー https://boysnavi.jp/privacy に従い、適切に取り扱います。

第 6 条(アカウントの管理)

1. ユーザーは、自己の責任においてアカウントを管理及び保管するものとし、これを第三者に利用させ、又は貸与、譲渡、名義変更、売買等をしてはならないものとします。
2. 当事務局は、当該アカウントの一致を確認した場合、当該アカウントを保有するものとして登録されたユーザーが本サービスを利用したものとみなします。
3. アカウントが盗用され又は第三者に使用されていることが判明した場合、ユーザーは、直ちにその旨を当事務局に通知するとともに、当事務局からの指示に従うものとします。
4. アカウントの管理不十分又は第三者の使用等による損害の責任は、ユーザーが負うものとし、当事務局は一切の責任を負いません。

第 7 条 (本サービスの利用)

1. ユーザーは、当事務局の定める方法に従い、本サービスを利用するものとします。
2. 本サービスは、ユーザーが私的に使用する目的でのみ利用することができ、販売、配布又は開発等の私的使用以外の目的で使用してはなりません。
3. ユーザーは、本サービスを、当事務局が提供する状態でのみ利用するものとし、本サービスの複製、修正、変更、改変又は翻案を行ってはなりません。
4. 本サービスを利用するために必要な情報端末、ソフトウェア、通信回線その他の通信環境等の準備及び維持は、ユーザーの費用と責任において行うものとします。
5. 本サービスの全部又は一部について、本人確認の有無、ユーザー情報の有無、その他当事務局が必要と定める条件を満たしたユーザーに限り利用できる場合があり、ユーザーはあらかじめこれに同意するものとします。

第 8 条 (権利の帰属)

1. 本サービス及び本サービス内のアイテムその他の提供コンテンツに関する一切の知的財産権は、当事務局又は当事務局にライセンスを許諾している者に帰属します。
2. 当事務局は、ユーザーに対し、本サービスを通じて当事務局が提供した全ての提供コンテンツについて、本サービスの利用範囲内における私的な利用を許諾しますが、ユーザーに対し、自由に使用、収益、処分し得る所有権類似の権利を譲渡し、又は当該権利を認めるものではありません。
3. ユーザーは、全ての提供コンテンツに関し、いかなる補償も請求しないことに同意するものとします。
4. 本サービス上、商標、ロゴ及びサービスマーク等(以下、総称して「商標等」といいます。)が表示される場合がありますが、当事務局は、ユーザーその他の第三者に対し、商標等を譲渡し、又はその利用を許諾するものではありません。

第 9 条 (禁止行為)

1. ユーザーは、本サービスの利用にあたり、自ら又は第三者をして以下の各号のいずれかに該当する行為又は該当するおそれのある行為をしてはなりません。
(1) 当事務局、他のユーザー又は掲載店舗に対する詐欺又は脅迫行為
(2) 公序良俗に反し又は善良な風俗を害する行為
(3) 当事務局又は他のユーザーその他の第三者の知的財産権、肖像権、プライバシー、名誉、その他の権利又は利益を侵害する行為
(4) 本サービスの誤作動を誘引する行為
(5) 本サービスが通常意図しないバグを利用する動作又は通常意図しない効果を及ぼす外部ツールの利用、作成又は頒布を行う行為
(6) 本サービス又は当事務局サーバー等に過度の負担をかける行為
(7) 歩行中、車両運転中、その他の本サービスの利用が不適切な状況又は態様において本サービスを利用する行為
(8) 本サービスの内外を問わず、本サービスに関連するイベントの開催又はグッズの販売等、本サービスが意図しない方法で利益を得ることを目的とする行為
(9) 本サービスを逆アセンブル、逆コンパイル、リバースエンジニアリング、その他本サービスのソースコードを解析する行為
(10) 本サービスに接続しているシステムに権限なく不正にアクセスし又は当事務局設備に蓄積された情報を不正に書き換え若しくは消去する行為
(11) 本サービスを複製、送信、譲渡、貸与又は改変する行為
(12) 故意に虚偽のデータ等を公開し又は投稿する行為
(13) 当事務局又は他のユーザーの情報の収集を目的とする行為
(14) 当事務局又は他のユーザーその他の第三者に成りすます行為
(15) 他のユーザーのアカウントを利用する行為
(16) 反社会的勢力等への利益供与行為
(17) 本及び本サービスの趣旨・目的に反する行為
(18) その他、当事務局が不適切と判断する行為

第 10 条 (規約違反に対する措置)

1. 当事務局は、ユーザーが以下各号に該当し又は該当するおそれがあると当事務局が判断した場合には、当事務局の裁量により、何らの通知も行うことなく、当該ユーザーに対し、本サービスの利用の一時停止若しくは制限、アカウントの削除を含む本利用契約の解除等の措置(以下「利用停止等」といいます。)を講じることができるものとします。
(1) 本規約のいずれかの条項に違反した場合
(2) 当事務局に提供された情報の全部又は一部につき虚偽の事実があることが判明した場合
(3) 当事務局からの問い合わせその他の回答を求める連絡に対して 30 日間以上応答がない場合
(4) 反社会的勢力等であるか、又は資金提供その他を通じて反社会的勢力等の維持、運営若しくは経営に協力若しくは関与する等、反社会的勢力等との何らかの交流若しくは関与を行っていると当事務局が判断した場合
(5) 本サービスの運営、保守管理上必要であると当事務局が判断した場合
(6) その他前各号に類する事由があると当事務局が判断した場合
2. ユーザーは、利用停止等の後も、当事務局及び第三者に対する本利用契約上の一切の義務及び債務(損害賠償債務を含みますが、これに限りません。)を免れるものではありません。
3. 当事務局は、本条に基づき当事務局が行った行為によりユーザーに生じた損害について一切の責任を負わず、ユーザーのアカウント削除後も、当該ユーザーが当事務局に提供した情報を保有・利用することができるものとします。
4. 当事務局は、ユーザーが第 1 項各号に該当し又は該当するおそれがあると当事務局が判断した場合その他当事務局が必要と認める場合には、ユーザーに対し、違反行為の中止、送信又は投稿した情報の自発的な削除・訂正等を求めることがあり、ユーザーは、当事務局が定める期間内に当該求めに応じるものとします。
5. 当事務局は、本条に基づき当事務局が行った措置によりユーザーに生じた不利益や損害について一切の責任を負いません。

第 11 条 (間違いの通報)

1. ユーザーは、本サービスにおける情報が、店舗運営サイトの記載内容と一致していないと判断した場合には、当事務局所定の方法(間違い報告又はお問合せフォーム)により、当事務局に通報することができるものとします。
2. 当事務局は、前項の定めに基づく通報を受けた場合、当事務局の裁量に基づき、当該通報の内容が事実であるかの確認を行い、当該コンテンツの修正、削除その他の措置を講じることができるものとします。
3. 前二項の定めは、当事務局に対し、ユーザーからの通報に応対する義務を負わせるものではありません。

第 12 条 (損害賠償)

1. ユーザーによる本規約違反行為その他本サービスの利用に起因して、当事務局に直接又は間接の損害が生じた場合(当該行為が原因で、当事務局が第三者から損害賠償請求その他の請求を受けた場合を含みます。)、ユーザーは、当事務局に対し、その全ての損害(弁護士等専門家費用及び当事務局において対応に要した人件費相当額を含みます。)を賠償しなければなりません。
2. 本サービスの利用に関連してユーザーが被った損害につき、当事務局が、軽度の過失による債務不履行責任又は不法行為責任を負う場合には、当事務局は、ユーザーに現実に発生した直接かつ通常の損害に限り、これを賠償する責任を負うものとし、特別な事情から生じた損害(損害の発生を予見し又は予見し得た場合を含みます。)については、責任を負わないものとします。

第 13 条 (本サービスの利用終了)

1. ユーザーは、退会によるアカウントの削除その他当事務局所定の方法により、いつでも本サービスの利用を終了することができます。
2. 誤ってアカウントを削除した場合その他理由の如何を問わず、ユーザーが本サービスを利用する権利を失った場合、ユーザーは、アカウント、提供コンテンツその他本サービスに蓄積した情報を利用することができなくなることを、あらかじめ承諾するものとします。
3. ユーザーは、本サービス利用終了後も、当事務局及び第三者に対する本利用契約上の一切の義務及び債務(損害賠償を含みますが、これに限りません。)を免れるものではありません。
4. 当事務局は、ユーザーが本サービスの利用を終了した後も、当該ユーザーが当事務局に提供した情報を保有・利用することができるものとします。
5. ユーザーが本サービスの利用を終了した場合、当事務局は、当事務局の裁量により、事前に通知することなく当該ユーザーのアカウントを削除することができるものとし、ユーザーは、終了時に残存している本サービス内の一切のコンテンツが消滅する場合があることに同意するものとします。
6. ユーザーが死亡した場合、当該ユーザーのアカウント、ユーザー情報その他本サービスに蓄積した情報は削除されるものとし、本サービスの利用権は相続の対象とはなりません。
7. 当事務局は、当事務局の裁量により、あらかじめ通知することなく、最終のアクセスから 1年以上経過しているアカウントを削除することができるものとします。

第 14 条 (本サービスの変更・中断・終了等)

1. 当事務局は、ユーザーに事前に通知することなく、本サービスの内容の全部又は一部を変更又は追加することができるものとします。
2. 当事務局は、事前に、本サービス上又は当事務局の運営するウェブサイト上への掲示その他の当事務局が適当と判断する方法でユーザーに通知することにより、当事務局の裁量で、本サービスの提供を終了することができるものとします。
3. 当事務局は、以下の各号の事由が生じた場合には、ユーザーに事前に通知することなく、本サービスの全部又は一部を一時的に中断することができるものとします。
(1) 本サービス用の通信機器設備等に関わるメンテナンスや修理を定期的又は緊急に行う場合
(2) アクセス過多、その他予期せぬ要因でシステムに負荷が集中した場合
(3) ユーザーのセキュリティを確保する必要が生じた場合
(4) 電気通信事業者の役務が提供されない場合
(5) 地震、水害等の天災、火災、停電、その他の不慮の事故又は戦争、紛争、動乱、暴動、労働争議等の不可抗力により本サービスの提供が困難な場合
(6) 法令又はこれに基づく措置により本サービスの運営が不能となった場合
(7) その他前各号に準じ当事務局が必要と判断した場合
4. 当事務局は、本条に基づき当事務局が行った措置によりユーザーに生じた損害について一切の責任を負いません。

第 15 条 (保証の否認及び免責)

1. 当事務局は、本サービス及び本サービスを通じて提供される一切の情報につき、当該コンテンツが店舗運営サイト上のものと一致していること、店舗運営サイトにおける掲載情報が真実かつ正確な情報であること、エラー、バグ、不具合又はセキュリティ上の欠陥が存しないこと、第三者の権利を侵害しないこと、ユーザーが期待する性質及び商品的価値を有すること、並びにユーザーに適用のある法令又は内部規則等に適合することについて、如何なる保証も行うものではありません。
2. 当事務局は、本サービスが全ての情報端末に対応していることを保証するものではなく、本サービスの利用に供する情報端末のOSのバージョンアップ等に伴い、本サービスの動作に不具合が生じる可能性があることにつき、ユーザーはあらかじめ了承するものとします。当事務局は、かかる不具合が生じた場合に当事務局が行うプログラムの修正等により、当該不具合が解消されることを保証するものではありません。
3. 本サービスに関し、ユーザー間又はユーザーと店舗等第三者との間で紛争が生じた場合、ユーザーは、当事務局にこれを通知の上、自己の責任と費用において解決するものとします。当事務局は、ユーザーと店舗における契約の当事者には一切ならず、当事者又は代理人ではありません。当該紛争に関与する義務を負わず、何ら責任を負わないものとします。

第 16 条(店舗サービスの利用)

1. ユーザーは、本サービスの利用にあたり、店舗を利用する場合には、本規約のほか、当該店舗の定める利用規約その他の条件(当該利用規約等が変更された場合には変更後の条件を含みます。)に従い、当該店舗の定める禁止行為をしてはなりません。
2. 店舗提供サービスについては、当該サービスを提供する店舗又は個人が責任を負うものとし、当社は、店舗提供サービスにつき、ユーザーが期待する性質及び商品的価値を有すること、ユーザーの目的を実現すること、第三者の権利を侵害しないこと、並びにユーザーに適用のある法令又は内部規則等に適合することについて、如何なる保証も行うものではありません。

第 17 条 (連絡方法)

1. 本サービスに関する当事務局からユーザーへの連絡は、本サービス上若しくは当事務局が運営するウェブサイト内の適宜の場所への掲示、電子メールの送信、又はプッシュ通知その他当事務局が適当と判断する方法により行うものとします。
2. 当事務局が電子メールの送信による通知を行った場合、当事務局からの通知は、ユーザーが登録したメールアドレスにメールを送信することをもって、当該メールが通常到達すべきときに到達したものとみなします。
3. 本サービスに関する問い合わせその他ユーザーから当事務局に対する連絡又は通知は、当事務局が運営するウェブサイト内の適宜の場所に設置するお問い合わせフォームへの送信その他当事務局が指定する方法により行うものとします。

第 18 条 (権利義務の譲渡禁止)

ユーザーは、当事務局の書面による事前の承諾がある場合を除き、本利用契約に基づくユーザーの権利若しくは義務、又は本利用契約上の地位について、第三者への譲渡、承継、担保設定、その他一切の処分をすることはできません。

第 19 条(事業譲渡等の場合の取扱い)

当事務局が、本サービス若しくは本サービスにかかる事業を第三者に譲渡し、又は合併若しくは会社分割等により本サービスに係る事業を承継させたときは、当事務局は、当該譲渡等に伴い、本利用契約上の地位、権利及び義務並びに登録情報その他のユーザー情報を当該譲渡等の譲受人等に承継させることができるものとします。ユーザーは、かかる譲渡等につき本条において予めこれに同意したものとみなします。

第 20 条 (分離可能性)

1. 本規約のいずれかの条項又はその一部が無効又は執行不能と判断とされた場合であっても、当該判断は他の部分に影響を及ぼさず、本規約の残りの部分は、引き続き有効かつ執行力を有するものとします。当事務局及びユーザーは、当該無効若しくは執行不能とされた条項又は部分の趣旨に従い、これと同等の効果を確保できるように努めるとともに、修正された本規約に拘束されることに同意するものとします。
2. 本規約のいずれかの条項又はその一部が、あるユーザーとの関係で無効又は執行不能と判断された場合であっても、他のユーザーとの関係における有効性等には影響を及ぼさないものとします。

第 21 条 (準拠法及び合意管轄)

1. 本規約の正文は日本語版とし、準拠法は日本法とします。
2. 本サービス又は本規約に起因し若しくは関連する一切の紛争については、訴額に応じ、東京地方裁判所又は東京簡易裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

【附則】
本規約は、平成 2017 年 11 月 3 日から施行します。